2012-11

初冬の「栄蔵室と和尚山」を歩く!

11月29日(木)、茨城県内の最高峰「栄蔵室(882n)と和尚山(804m)」を歩いた。福島県との県境にあるこの山は、紅葉はすでに終わり、落葉樹の間からの木漏れ日を楽しみながら、初冬の山を楽しんだ。

条件が良ければ富士山が見える富士見台   県内最高峰「栄蔵室」   落葉が進んだ笹平分岐
  山頂近くの「富士見台」           山頂にて           落葉が進んだ笹平分岐

栄蔵室を、11月9日に歩いた時には、紅葉の見ごろであったが、3週間過ぎた今日は、広葉樹の葉は完全に落ちてしまい、木々からの木漏れ日を楽しみながら歩く山になっていた。
この時期は、栄蔵室を歩く人は少ないようで、登山口から出口まで歩いている人とは全く出会わなかった。


栄蔵室を歩いた後、時間も早かったので、昼食の場所にと「和尚山(804m)」の山頂まで行くこととした。

和尚山の登山口   和尚山登山道の案内板   和尚山の山頂
   和尚山の登山口        登山道の和尚山の案内板        和尚山の山頂

和尚山の登山口は、栄蔵室登山口への亀谷地湿原入り口から剣道27号線を小川集落方面に約2.5キロメートル走ったところに「登山口」の標識がある。
登山道からは、一直線の登りの道を約20分ほどで山頂に着く。小広い広場になっており、三角点と祠が置かれている。陽射しを浴びながらゆっくりと昼食を楽しんだ。
スポンサーサイト

常陸太田市(旧里見村)のかかし祭り

11月14日袋田の滝の紅葉を楽しんだ帰り道、常陸太田市大中町(旧里見村)さとみふれいあ館イベント広場で開催されている「かかし祭り」の会場を楽しんだ。

案山子祭り会場   かかし祭り最優秀賞   かかしまつりー6   かかしまつりー7
                    かかし祭りの会場に並ぶ「かかし」

kakashi-8.jpg satomi-kakashi.jpg satomi-kakashi-2.jpg satomi-kakashi-3.jpg
                    かかし祭り会場に並ぶ可愛いかかし

かかし祭りは、11月24日まで開催されているとのことなので、もう一度楽しみに行きたいと思っています。

紅葉の「栄蔵室(882m)」を楽しむ!

「茨城の山紀行がテーマ」なのに、県内の山歩きから離れていました。紅葉の季節を迎え、茨城県内最高峰の山「栄蔵室の紅葉」を楽しんできた。

トレイルマップ 登山道の紅葉 栄蔵室の登山道-2 栄蔵室の登山道ー3
                    栄蔵室のトレイルマップと登山道の紅葉

栄蔵室の登山道ー4 栄蔵室の登山道ー5 栄蔵室の登山道ー6 作業場
               栄蔵室に向かう林の中                        林道にある作業場

栄蔵室は、登山道の要所要所にトレイルマップが付きの標識が設けられているので、安心して歩くことができる。
登山道に入ると、小さな川を何本も渡るが、今は「山の会」により丸木が掛けられているので心配はない。この時期、黄色と赤の紅葉が織りなす模様は何とも言えず素敵だ。
林を抜けると作業場がある小さな広場に出て、ここからは林道歩きになるが、この時期は周りの紅葉を楽しみながら歩けるので、全く飽きることはない。


紅葉ー6 紅葉ー7 リンドウの花 紅葉ー8
          林道から見る紅葉と道端のリンドウの花

栄蔵室の山頂には、富士見台の展望台が設置されているが、相当条件が良くないと富士山は見えないようだ。
今日は、天気が良かったので、奥久慈男体山や里見の風車がきれいに見えました。


栄蔵室山頂 栄蔵室からの景色 笹平の紅葉 笹平分岐
       栄蔵室の山頂と山頂からの眺望                 花園山への分岐(笹平と紅葉)

益子町(栃木県)の「雨巻山周遊コース」で晩秋を楽しむ!

11月8日(木)、栃木県益子町の最高峰「雨巻山(533m)」の周遊コースを歩いた。
雨巻山は、地元のグループ(益子いくべ会)により、丁寧に手入れがされており、山頂はいろいろなグループで、いつも賑やかである。しかし、登山ルートがいくつもある山なので、静かな落ち着いた山歩きができるのも特徴だ。


雨巻山の登山口 清滝 足尾山への沢コース 足尾山
     雨巻山の登山口          足尾山への沢コースと清滝            足尾山の山頂

雨巻山への登山コースは、10のコースが設定されているとのことだが、今回は、登山口から「足尾山(413m)」、御嶽山(433m)」を経由し、雨巻山に立った後の下山路は「三登谷山(433m)」を経由する周遊コースを歩いた。
今年の紅葉は期待したほどではなかったが、気持ちのよいアップダウンと様々な樹相の林の中を気持ちよく歩くことが出た。
雨巻山のコース詳細は、益子町産業観光課のHPをご参照下さい。
http://ns.town.mashiko.tochigi.jp/e05.html


御嶽山直前の岩場 御嶽山山頂  猪転げ坂 雨巻山山頂
       御嶽山直前の岩場と山頂                    雨巻山への急坂と雨巻山山頂

雨巻山展望台から 三登谷山直前の展望 三登谷山山頂
     雨巻山展望台から                    三登谷山直前の展望と山頂

雨巻山の山歩きの詳細は、以下のHPでもご覧になれます!

 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-243050.html

豊穣の季節~我が家の菜園の収穫~

暦の上では冬を迎える「立冬」になりました。我が「家庭菜園」も豊穣の秋を迎えた。秋の深まりを感じる「干し柿づくり」「干しイモ」を作る作業を行った。

  サツマイモの収穫ー1   サツマイモの収穫ー2   サツマイモの収穫ー3
              サツマイモを収穫しました

サツマイモは「紅アズマ」。蒸かして良し、焼きイモにして良し、大学芋もOK!こんなに大きな芋も収穫できました。

  落花生の収穫ー1   落花生の収穫ー2   落花生の収穫ー3
                落花生の収穫

我が家の畑で収穫された「落花生」。家庭菜園で収穫された採れたての落花生を茹でて、ホクホクとした落花生を味わえるのは、家庭菜園ならではの味です。
さらに、乾燥して年末年始に「煎り落花生」を手作りするのも魅力です。


  干し柿つくり   干しイモ作り
    干し柿作り       屋根で干しイモ作り

庭の木になった柿は、干し柿にして食べます。天気予報で天気が続きそうなときに柿を干します。雨模様の時は家の中に入れて、扇風機の風で乾燥させます。
干しイモ用のサツマイモを分けてもらったので、蒸かして干しイモ作り。芋を干す場所は、屋根の上が良いようです。夜は、家の中に入れて、柿と一緒に扇風機で乾燥!
美味しい干しイモになります!

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる