2013-09

尾瀬を楽しむ~燧裏林道と桧枝岐温泉を楽しむ

      尾瀬の湿原パノラマ
                           上田代の草紅葉

尾瀬の草紅葉を楽しむ三日目。台風一過の天気で爽やかな青空が広がる。温泉を楽しんだ「元湯山荘」を後にして、段吉新道を通る燧裏林道を歩く。
御池駐車場に戻ってから、桧枝岐村の温泉「駒の湯」で汗を流し、民宿「開山」で十割そば「裁ち蕎麦」を美味しく食べて帰路についた。
草紅葉と静かな尾瀬と温泉とそばを楽しんだ三日間だった。


尾瀬で温泉を楽しみ、青空に映える草紅葉を堪能。燧裏林道には大小さまざまな田代があり、池塘には紅葉した木々や青空が映えていた。
残念だったのは、今回の尾瀬歩きでは、至仏山や燧岳を一度も見ることができなかったことだ。


元湯山荘まで 段吉新道分岐 裏燧橋 修理中の木道
 元湯山荘前で      段吉新道分岐         裏燧橋         修理中の木道

ゴゼンタチバナの赤い実 ゴゼンタチバナの群落 天神田代 木道の工事中
        ゴゼンタチバナの群落と赤い実                天神田代           工事中の木道

尾瀬の草紅葉ー1 尾瀬の草紅葉ー2 尾瀬の草紅葉ー3 尾瀬の草紅葉ー4
                     横田代・上田代の草紅葉
スポンサーサイト

尾瀬の草紅葉~尾瀬沼・尾瀬ヶ原・三条の滝を楽しむ

尾瀬を楽しむ二日目。台風が近づいたようであいにくの雨模様の天気の一日だった。雨に濡れた草紅葉・湿原の池塘・水量が豊富に流れる三条の滝を楽しんだ。
泊まりは、尾瀬ヶ原で温泉を楽しむことができる宿、「元湯山荘」に宿泊し、温泉も楽しむことができた。


宿泊した尾瀬沼ヒュッテ前からは、天気が良ければ「燧ケ岳」が真正面に見えるはずだ。今回は雨模様のため雲の中!
小雨の中を、大江湿原から浅湖湿原を超え尾瀬沼西湖畔の尾瀬沼休憩所で、モーニングコーヒーを楽しむ。


尾瀬沼ヒュッテ前 大江湿原ー1 大江湿原ー2 沼尻休憩所
   尾瀬沼ヒュッテ前                   大江湿原にて         尾瀬沼沼尻休憩所

沼尻休憩所からは尾瀬沼を離れ、尾瀬ヶ原に向かう。白砂田代、白砂峠を越え林の中を歩く。燧ケ岳登山口を分けると、6件の山小屋がある尾瀬ヶ原への入り口(見晴ー下田代十字路)に出る。天気が良ければ尾瀬ヶ原を散策する予定だったが、まっすぐ今夜泊まる元湯山荘方面に向かう。
元湯山荘に荷物を預け、平滑の滝・三条の滝に向かう。三条の滝は水量が多く豪快な滝を楽しむことができた。


浅湖湿原 白砂田代 温泉小屋 無料休憩所
     浅湖湿原             白砂田代            温泉小屋            無料休憩所

平滑の滝 三条の滝ー1 三条の滝ー2 三条の滝ー3
  平滑の滝展望所から             三条の滝展望台にて

尾瀬の草紅葉を楽しむー御池から尾瀬沼へ

9月のお彼岸が過ぎて、紅葉の季節が近づいてきた。今年の夏は猛暑と天候に恵まれず、山歩きから遠ざかっていた。今回は、9月25日~27日に、尾瀬の山小屋2泊で、紅葉には少し早いが、尾瀬の草紅葉を楽しんできた。
台風が関東地方に近づいており、あいにくの天候ではあったが、静かな尾瀬の草紅葉を満喫してきた。


9月25日(水)、桧枝岐村御池を12時30分のバスで、尾瀬への入り口「沼山峠口」に向かった。天候は曇り。沼山峠からは、草紅葉に色づく大江湿原が垣間見える。残念ながら天気は「ポツリポツリの雨」に変わりつつある。この天気と時間に、尾瀬に入る人は少なく、静かな大江湿原歩きを楽しんだ。

沼山口 草紅葉の大江湿原-1 草紅葉の大江湿原-2 草紅葉の大江湿原-3
 尾瀬への入り口ー沼山口                      草紅葉の大江湿原

大江湿原から、今日の宿舎となる、桧枝岐村営「尾瀬沼ヒュッテ」まではすぐだ。草紅葉や枯草の中に咲く「りんどう」や「山トリカブト」の花を楽しみながら、尾瀬沼湖畔に向かった。

ゴゼンタチバナの赤い実 オオカメの木  リンドウの花  ヤマトリカブトの花
  ゴゼンタチバナの実         オオカメの木         リンドウの花    ヤマトリカブトの花

   3-1ozenumabaiten.jpg  3-2nanakamado.jpg  3-3ozenumahyutte.jpg
        尾瀬沼湖畔の売店             沼山峠のナナカマド           尾瀬沼ヒュッテ外観  

高萩市の土岳(600m)で、秋の気配を楽しむ!

6月以来休んでいた山歩き。このままでは!と思い、3か月ぶりに山歩きを楽しんだ!山歩きの復活は、地元の山「土岳(600m)」だ。

どんぐりも落ちている 土岳の山頂 登山道の栗のイガ
    登山道にはどんぐりが            土岳の山頂             栗のイガもたくさん

夏の暑さに負けて、山歩きから遠ざかっていましたが、紅葉の時期が近づき、歩きなれた地元の山「土岳」を復活の第一号とした。
先日の台風18号の影響もあり、登山道には「栗のイガ」や「どんぐり」がたくさん落ちていて、秋の訪れを実感した。しばらくぶりの山歩きで、気持ち良い汗と美味しい空気を満喫することができた。

北茨城市の蕎麦畑の花が満開!

北茨城市公共の宿「マウントあかね」が主催する「そば学校」が開催されています。
今年は、第6期生のそば学校です。私は、第4期の受講生として参加をし、そば学校修了生で組織している「茜悠楽会」に参加しています。悠楽会のメンバーは、そば学校の受講生への支援をしています。


そば学校は、そばの種まきから始まり、草取り・花見会・刈取り収穫と乾燥作業そしてそばの実の収穫作業を行いながら、そば打ちの練習をします。
今年は、8月上旬に種をまき、下旬に草取りをし、今日(9月14日)、花見をしました。そばの成長の速さに改めてびっくり!
そばの種まきから花見までの成長具合を見てください!


1-1sobanohana.jpg 1-2sobanokusatori.jpg 1-3sobanotanemaki.jpg
      満開の蕎麦の花          2週間でこんなに成長           そばの種まき

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる