2013-10

日本秘湯を守る会の温泉「幕川温泉」を楽しむ!

安達太良連峰最北端の山「鬼面山」を歩いた後、時間に余裕があったので、野地温泉近くの「幕川温泉」と「幕滝」を歩き、紅葉を楽しむことができた。

幕川温泉は、野地温泉から吾妻スカイラインへの入り口分岐から山の奥に入り、車で約20分の所にある温泉だ。二軒の宿があり「元湯と元祖」の看板を出している。今回は、日本秘湯を守る会の提灯が下がっている「水戸屋」の日帰り入浴を楽しんだ。
大浴場と露天風呂があるが、露天風呂は「混浴」のお風呂になっている。私は、混浴の露天風呂に入ったが、紅葉の山に囲まれていた。気持ちよくゆっくり温泉で身体を温めることができた。


幕川温泉周辺の地図 露天風呂ー1 露天風呂ー2 元湯「水戸屋」
  幕川温泉周辺の地図                 露天風呂の浴場                元湯「水戸屋旅館」

      露天風呂からの紅葉の山々
                             露天風呂を囲む紅葉の山々

温泉を楽しんだ後、温泉から歩いて20分の所に、「ふくしまの水三十選」に選ばれている「幕滝(約30mの高さ)」を楽しんだ。

幕滝 幕滝への道-1 幕滝への道ー2 幕滝
      幕滝の前で                    幕滝への道                  幕滝
スポンサーサイト

安達太良連峰の最北端の山「鬼面山(1482m)」を歩く

10月17日(木)、台風一過の天気をねらい、東吾妻山と一切経山を歩く予定で、高湯温泉から吾妻スカイラインを通って午前7時過ぎに浄土平に着いた。浄土平の気温は2度、そしてみぞれ交じりの雨、吾妻小富士の山頂と一切経山方面の山は真っ白!
吾妻連峰をあきらめ、吾妻スカイラインを通り抜け、野路温泉から鬼面山を歩いた。


浄土平からの吾妻小富士 浄土平から見た真っ白な山 登山口の野地温泉ホテル 鬼面山の登山口
        浄土平からみる雪で真っ白な山々            鬼面山登山口となる野地温泉ホテルと登山口

野地温泉ホテル横の登山口から、滑りやすい木の根を気にしながら歩くこと約30分、旧土湯峠に着く。ここから鬼面山山頂まで一直線、約1時間で山頂だ。登山道途中のナナカマドの実は真っ赤になっていた。山頂から箕輪山方向にきれいな紅葉が見えるはずだったが、残念ながら雲の中で視界は全くなかった。
楽しみにしていた紅葉は十分には見ることができなかったが、しばらくぶりの山歩きを楽しむことができた。


登山道からの鬼面山 中腹からみる野地温泉 紅葉したナナカマド 新野地温泉からの鬼面山
  登山道からの鬼面山      中腹からの野地温泉       紅葉したナナカマド     新野地温泉からの鬼面山

鬼面山の山頂-1 鬼面山の山頂-2 鬼面山の山頂-3 鬼面山の山頂-4
                               鬼面山の山頂で

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる