2016-05

新緑いっぱいの「花園神社と奥の院」

5月14日(土)、私が参加している、「花園観光ガイドグループ」による、「新緑の花園を歩こう!」の企画が行われた。
毎年の企画であるが、今年は9名の方の参加で、花園神社・十二神将跡・七つ滝そして奥の院巡りを行った。朝は風が強かったが、歩いているうちに風も弱まり青空の下、新緑一ぱいの中、北茨城市の自然を堪能することができた。

花園神社の駐車場
花園神社の駐車場(新緑一ぱい)
花園地区の案内図
駐車場に設置されている「案内図」
花園神社は、北茨城市華川町の奥にあり、創建1200年といわれている神社で、春の花「アズマシャクナゲ」と秋の紅葉がきれいで「茨城百景」にも選ばれており、茨城県立花園・花貫自然公園になっている地域でもある。
今回は、花園神社を中心とする花園地域の魅力を、地元の方々に知っていいただこうという企画で、花園ガイドグループが毎年行っている春の企画です。
自然がいっぱい、新緑に囲まれた花園神社で、改めて、花園神社の縁起を語り幽遠な神社の境内を巡り1200年にわたる歴史の一端を学んだ。

花園神社のガイド
花園神社の楼門の前でのガイド活動
明治になるまでは、神社とお寺がが一体となっていた事を示すものの一つとして、境内の外れには「薬師如来像と十二神将跡」が苔むした形で残っている。
薬師如来像
薬師如来像と十二神将跡
この後は、新緑あふれる北茨城市の自然を満喫するために、神社から約1.5㎞奥にある七つ滝とその奥の「奥の院峰」までのハイキングだ。
七つ滝は高さが85メートルにも及ぶ滝で、この時期は緑に包まれ清々しい。
七つ滝の4段目の滝壷からの上は、鎖と木の根につかまりながら登り、奥の院に着く。ここからは遠く太平洋が見渡せるが、今回は霞がかかりきれいには見えなかった、山頂にはアカヤシオとシロヤシオが残っており、新緑の美しさを演出してくれていた。

七つ滝
新緑いっぱいの七つ滝
七つ滝の第四の滝壷
七つ滝の第四の滝壷
奥の院
花園神社奥の院
新緑がいっぱい
第三滝見橋周辺の新緑
スポンサーサイト

福島県のつつじの山「矢祭山」で花を楽しむ!

5月3日(火)、娘の愛犬「マルピ」と、福島県矢祭山でツツジを楽しんで来た。
つつじが丘のマルピ-1 つつじが丘のマルピ-2
                    つつじが丘のマルピ

水郡線矢祭山駅の、女性用有料トイレ脇の駐車場に車を止め、つつじが丘を歩いた後、探鳥コースを一周。時間が早かったこともあり、探鳥コースでは誰とも会わずに、新緑を楽しむことができた。
探鳥コースを歩いたのち、「アユのつり橋」を渡り、夢想の滝と矢祭駅を見下ろせる、四阿で楽しんできた。


新緑の中を
新緑の中を(探鳥コース)
元気なマルピ

元気なマルピ
元気なマルピ

新緑の中を
新緑の中を

夢想滝とマルピ 夢想滝の前で
夢想滝の前で

アユの吊り橋
四阿から見る「アユのつり橋」と矢祭山駅

新緑の高鈴山を、愛犬と歩く!

ゴールデンウィークで我が家に遊びに来ていた、娘たちとその愛犬連れで、新緑の高鈴山(624m)を歩いた。 高鈴山は、新緑がいっぱいで、気持ちの良い山歩きができた。娘たちの愛犬も孫も元気いっぱいで新緑の中を楽しむことができた。 高鈴山の山頂 高鈴山の山頂で 新緑一ぱい 新緑一ぱいの登山道 賀琵礼の峯 パワースポットで人気の「賀琵礼の峯」 馬酔木の林 馬酔木の林をかける愛犬 高鈴山は、御岩神社からのパワースポットめぐりの人気が高く、高鈴山への登山というよりは「パワースポットめぐり」の方々との出会いが多かった。 新緑を楽しんだ帰り道は、少し遠回りではあったが、里美の直売所により「ジェラート」を食べて帰ってきた。 楽しい、ゴールデンウィークの一日であった。 里美のジラート 常陸太田市里美の直売所の「ジェラート」

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる