2016-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安達太良山(福島県の山-1700m)の花を満喫!

6月2日(木)、福島県二本松市の安達太良山(1700m)を歩いた。天気予報では午前中曇りとのことだったが、小雨混じりの強い北風が吹き、安達太良山頂のふもとまでは行けたが、山頂の三角点を踏むことはできなかった。さらに、山頂からの「馬の背・牛の背」といわれれる稜線は強い風が吹き、歩くことができなかったので、峰の辻分岐から峰の辻、そしてくろがね小屋への降りた。
くろがね小屋で休んだころからは、天気も晴れて勢至平からは、盛りのレンゲツツジと遠くにきれいな山頂を望むことができた。
強い北風の中ではあったが、様々なきれいな花を観賞しながらの山歩きを楽しむことができた。

安達太良山の山頂
安達太良山の山頂ふもとの前で(山頂は雲の中)

「この上にはほんとの空がある」はず!
ほんとの空の下
薬師岳
安達太良山の登山口に、午前6時に到着。車の中で朝食。スキー場のリフト脇を歩き登山道に入る。五葉松平を超えると、ロープウェイで登った方が最初に入る「薬師岳」。ここには「この上の空がほんとの空」の標識があり、天気が良ければ遠くに安達太良山頂を見ることができる。今回はあいにくの天気だったために、見ることはできなかったが。
木道が終わってからは、ゴロゴロとした岩の登山道に入るが、アカヤシオ・イワカガミ・マイヅルソウ・ツマトリソウ・等々の花が咲き乱れ、疲れを感じさせない。

安達太良山の登山口
安達太良山の登山口
スキー場を歩く
リフト脇のスキー場を登る
スキー場リフトの終点
スキー場リフトの終点、ここからは岩の道を登る
五葉松平(天気が良ければ安達太良山頂が)
五葉松平(天気が良ければ安達太良山頂が見える)
森林限界
森林限界近く(強い風のため木の枝が一方を向いている)
辻の峯への分岐
峰の辻分岐(稜線が強風のためここから「峰の辻」へ
安達太良山を歩くときには、山頂から「馬の背・牛の背」と呼ばれる稜線を歩き、生々しい噴火跡を見ながら峰の辻へ下っていたが、今回は強風のため「分岐」から峰の辻へ歩いた。ここも、ミネズオウの花が咲き乱れ「ミネズオウ街道」になっていた。峰の辻からは、山中の温泉として知られる「くろがね小屋」で休憩し、勢至平らを経由し登山口に戻った。天気には恵まれなかったが、季節の花を満喫した一日だった。
くろがね小屋
くろがね小屋
くろがね小屋の内部
くろがね小屋の内部
くろがね小屋は、宿泊はもちろん「日帰り入浴」も出来る施設で、冬の期間も営業している。
ここからは、今回の山歩きで楽しんだ花々です。

アカヤシオの花 ムシカリの白い花
ウツギの花とムシカリの木
どうだん ツマトリソウの花
ドウダンとツマトリソウの花
イワカガミ マイヅルソウ
イワカガミとマイヅルソウ
ミネズオウ ミネズオウ
峰の辻への「ミネズオウ街道」
レンゲツツジ ギンリョウソウ
レンゲツツジとギンリョウソウ
勢至平からの安達太良山
勢至平から見る安達太良山
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。