FC2ブログ

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北茨城市の奥座敷「花園山(栄蔵室)」で紅葉を楽しむ!

11月08日(水)、紅葉の時期に毎年楽しんでいる、花園神社の奥にある「栄蔵室(882m)」で紅葉を楽しんだ。
栄蔵室は、他県と接していない茨城県の山では「最高峰!」の山だ。昔、栄蔵という名の猟師が狩のために小屋を建てていたというところから名付けられたといわれている。
気軽に楽しめる山として、新緑と紅葉の時期にに毎年歩いている。ふもとの花園渓谷の紅葉が見ごろを迎える頃には、この山の周辺の紅葉は終わりに近づく。
今回も、紅葉の盛りは過ぎていたが、風も弱く快適な山歩きを楽しむことができた。

山頂
栄蔵室の山頂(三角点)で
マップ
花園山・栄蔵室のトレイルマップ(親切な案内板が設置されている)
00-02-tozanguti.jpg 00-03-jouhou.jpg
北登山口から山に入る。なんと「クマ目撃の情報あり」の注意書き、びっくり!
01-01-tozandou-1.jpg 01-02-tozandou-2.jpg
登山道には、このような案内表示がされている。
01-03-tozandou-3.jpg 01-04-tozandou-4.jpg
紅葉・黄葉した葉は、大部分が落ちていた。
01-05-tozandou-5.jpg 01-07-tozandou-7.jpg
葉は落ちていたが、ふさふさした道は気持ち良く歩くことができる。
01-06-tozandou-6.jpg 01-08-tozandou-8.jpg
登山道には数か所の小さな流れがあるが、丸木橋がかかっている。
DSC_3681.jpg

P1080204.jpg
関東の富士見百景に入る山頂近くの展望台(私は富士山を見たことはありません)
02-06-antenaato.jpg
栄蔵室のシンボルでもあったNTT電波塔」は撤去されて、更地になっていた。
03-02-sasadaira.jpg
花園山との分岐点(笹平)
03-01-toandou-1.jpg
笹平周辺の紅葉
03-03-minamitozanguti.jpg
登山道の終点-南登山口
今回は、花園山を回らなかったので、休憩時間を含めて2時間15分で歩いた。花園山を往復しても、プラス40分ほどで歩くことができる、楽しい山だ。
私も参加している「花園ガイドグループ」でも、この山を案内することがある。
スポンサーサイト

奥日光湯元温泉には「温泉寺」がある!

10月26日の「日光中禅寺湖一周散策」の時に、奥日光湯元温泉に宿泊した。
湯元温泉の「源泉小屋」の近くに、温泉を持つお寺「日光温泉 湯元 温泉寺」がある。
不定休であるが、タイミングよく温泉を楽しむことができた。

源泉小屋
湯気を立てている「源泉小屋」
温泉寺標識
温泉寺の案内標識
日光山 湯元 温泉寺は世界遺産日光山 輪王寺の別院で、日光開山 勝道上人が延暦7年にこの温泉を発見し病苦を救う薬師如来をお祀りしたのがはじまりという歴史ある温泉だ。
お賽銭(入浴料)は、500円だが、畳の休憩室にお茶とお菓子が用意されていて、湯上りをゆっくり休むことができる。

温泉寺
温泉寺
風呂の案内

湯舟

風呂の効用

02-04-okashi-2.jpg
お風呂上がりのお茶とお菓子
湯元温泉周辺の「紅葉・黄葉」は、見ごろを過ぎているといわれていたが、駐車場周辺の紅葉はきれいだった。
湯元温泉の紅葉

湯元温泉の黄葉

奥日光「中禅寺湖を一周」し、紅葉を楽しむ!

奥日光湯元温泉に宿泊し、中禅寺湖一周(約25km)で、紅葉を楽しむ恒例散策行動だ。
昨年は、奥白根山を歩いた翌日に中禅寺湖を一周していたが、今年は、奥白根山の初冠雪が早く、山を歩くのは諦めた。
湯元温泉周辺の紅葉は盛りを過ぎた感じだったが、歩き始めの中善寺(立木観音)周辺は見ごろで、半月山や社山へのハイキングを楽しむ人で、朝早くから駐車場はいっぱいだった。
私たちは、朝6時に立木観音駐車場に車を止めて歩き出した。中禅寺湖を一周する人は少なく、イタリア大使館別荘記念公園や、半月山登山口の「狸窪」、社山登山口の「阿世潟」を過ぎると、ほとんど人と会うことはなく、きれいな紅葉と中禅寺湖に映える男体山を二人占めにすることができる。
スタート地点の歌ケ浜の真向かいになる「千手が浜」に昼頃につき、赤岩を過ぎて、竜頭の滝入り口の「菖蒲が浜」に向かう。
菖蒲が浜からは、奥日光入り口の「大鳥居」までバスで移動。平日にもかかわらず、日光は多くの観光客でにぎわっていた。

01-05-dejima.jpg
朝の中禅寺湖に映える、男体山と奥日光の山並みそして紅葉の八丁出島
今回、歩いたコースの概略は以下のコースだ。
00-00-yuuhodou-1.jpg
中禅寺湖を一周できる「遊歩道」が整備されている。危険なところ迷い道はほとんどない
01-04-asannonantaisan.jpg
歩き始めの「歌ケ浜」の駐車場から、朝日に映える男体山を望み、スタート
01-07-tanukikubo.jpg
イタリア大使館別荘記念公園周辺の黄葉
01-06-dejimanokouyou.jpg
中禅寺湖に黄葉が映える「八丁出島」
旧キャンプ場だった「阿世潟」からは、500mごとに「千手が浜」までの距離を示す標識が立てられていて、目安にもなるし「歩いてきた!」という実感にもつながる。
途中は、紅葉と黄葉、中禅寺湖に映る男体山、アズマシャクナゲの群生地、鹿や猿などと遭遇しながらの楽しいハイキングとなる。

03-02--shiroiwa.jpg 0-03-shitoiwa-2.jpg

03-04-shiroiwa-4.jpg 03-03-shitoiwa-3.jpg
男体山と中禅寺湖がきれいに見える「白岩展望台」
途中の紅葉と黄葉の写真を並べます。
01-08-kouyou-2.jpg 01-08-kouyou-1.jpg

01-09-koiyou-9.jpg 01-10-kouyou-3.jpg

01-11-kouoyou-4.jpg 02-01-nantaisan-1.jpg
紅葉の美しさに、ついつい写真の数も多くなりました
04-01-saru.jpg 03-01-azumasyakunage.jpg
鹿や猿と遭遇します。猿とアズマシャクナゲの群生地
ゆっくりと楽しみながらの中禅寺湖一周。今年も紅葉を堪能することができた。
05-02-senjuhama.jpg
千手ケ浜から見る、男体山。遊覧船の乗り場が懐かしさを感じる
02-02-namtaisan-5.jpg
スタート地点について見る男体山(午後2時ころ)。湖面はボートを楽しむ人がいっぱい!

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。