FC2ブログ

2019-02

北茨城市の山「石尊山(412m)」を歩く!

自宅からも見える北茨城市の山「石尊山(412m)」は、私たちの「ホームグランド」です。
1年ぶりの石尊山を、2月5日(火)に楽しんできました。
今回は、女坂登山口⇒石尊山⇒十里上峠分岐⇒金山峠(コース内最標高466m)を経由して登山口に戻るコースを歩きました。
家から登山口までは、車で20分ほど。歩いた時間は、2時間30分ほどでしたが、さわやかな里山歩きを楽しむことができました。

石尊山の山頂 標高の変化
石尊山の山頂とコースの行程グラフ
石尊山お登山道には、〇合目の印の石が置かれており、安心して歩くことができます。しかし、登山道のあちこちには、倒木がありコースをふさいでいるところがありますので、注意が必要です。
〇合目の標識-1 〇合目の標識-2
登山道にある〇合目の石碑
倒木-1 倒木-2
登山道をふさぐ「倒木」
石尊山の山頂には、祠が置かれており、供え物もありました。祠の隣には、ポストが設置されており、中には「感想ノノート」が置いてあります。私も、1年ぶりの石尊山でしたので、記録を書いてきました。
山頂の祠とポスト
山頂の祠と;ポスト
山頂を超え、金山峠へ向かう道は、送電線の管理道路を兼ねており歩きやすい道となっている。ところどころには、アオキの群生地があり真っ赤な実をつけていました。
アオキの群生 アオキの真っ赤な実
アオキの群生地と真っ赤な実
十里上峠との分岐を分けると、まもなくこのコースの最標高の地点「金山峠」につく。周りの木々で眺望は全くないのが残念です。
金山峠 行程グラフ
今日のコースの最標高、金山峠と行程グラフ
2時間半のコースでしたが、気持ちよく汗をかいた楽しい里山歩きでした。
スポンサーサイト



高萩市の山「土岳(600m)」を楽しむ!

1月12日、私たちのホームグランドの一つである、高萩市の山「土岳(600m)」を楽しみました。
この時期は、比較的空気が澄んでいるので、遠くに富士山を拝むことができるのだが、今回は、南方面jにガスがかかり、残念ながら富士山を見ることは出来ませんでした。

三角点
土岳の山頂にある三角点
登山口から山頂までは、約1時間で歩くことができるが、ロープを使う岩場あり、気持ちの良い木漏れ日を浴びながら歩く林ありと変化に富んでいます。参道の途中には「大黒岩」と名付けられた岩や、「七つ岩」という場所は、冬場専用であるが、太平洋を望むことができる場所ありと、楽しみながら歩くことができます。
大黒岩
登山道途中にある「大黒岩」
七つ岩
冬場だけ眺望の良い「七つ岩」
土岳の山頂は、以前は馬の「放牧場」として使われていたこともある、とのことで、山頂は広場になっていて、気持ちが良い。
展望台
山頂に設けられている「展望台」
山頂の広場
広場になっている、土岳の山頂

2019年の歩き初め「高鈴山(日立市-623m)」!

2019年の歩き初めは、日立市の山「高鈴山(623m)」を、娘の愛犬と一緒に歩きました。

高鈴山の山頂
高鈴山の山頂
高鈴山への登山道の途中にある「御岩山」は、「パワースポット」の一つとして人気急上昇の山です。麓にある、御岩神社の奥の院として、参拝者が行列をなすほどの人気となっています。以前は、御岩神社を経由して、御岩山そして高鈴山への道を歩いていましたが、最近は、駐車場も混雑しているので、向陽台からのコースを歩くことが多くなりました。
19年歩き始めとして、娘の愛犬とともに、青空の下、楽しい歩きはじめとなりました。
高鈴山の山頂には、多くの電波塔とアメダスが設置されており、整備のための車道があるのは、少し興ざめではありますが、茨城県北部地位の眺望は素晴らしいものがあります。

山頂のアメダス
アメダスが設置されています!
山頂の電波塔
多くの電波塔が設置されています!

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる