FC2ブログ

2019-03

馬酔木の花が満開の「高鈴山-日立市-623m」を楽しむ!

3月25日(月)、天気が良かったので、お正月(1/4)に歩いた、日立市の山「高鈴山」を歩いた。
青空いっぱいの中、平日でもあり静かな山歩きを楽しむことができた。
この時期は、花には少し早い時期だが、この山に自生している「馬酔木の林」には真っ白な花が満開。さらに林の中にある「アオキの赤い実」が目を楽しませてくれる。
満開の馬酔木の花 馬酔木の花-
                    満開の馬酔木の花
馬酔木の花--3 真っ赤なアオキの実
                 馬酔木の花とアオキの真っ赤な実
平日ではあったが、登山者がいるのではと、思っていたが、高鈴山へのハイキング者は全くいませんでしたが、途中の御岩山(パワースポットで有名になり、麓の御岩神社への参拝者が増えている)へ向かう参拝者は行列を作るほどだった。
御岩山の霊峰
               そそり立つ霊峰「御岩山」
高鈴山山頂の展望台からは、茨城県北方面の山と日立市の神峰山等を見ることができる。ただ、アメダス塔や放送用のアンテナがたくさんあるのが興ざめでもあり特徴でもある。
アメダス塔
           山頂でひときわ大きいアメダス塔
山頂にて
               高鈴山展望台の前で
スポンサーサイト



春の「土岳」を楽しむ!

山歩きの回数がすくなってきてきているこの頃、気持ちの良い天気なので、足慣らしを!とのことで、私たちの「ホームグランドの一つである土岳(600m)」を楽しんできた。
この山は、イワウチワの花の名所でもあるので、早咲きの花が咲いているかな!と、期待をしたが、4月上旬にならないち咲かない花は、やっぱり、咲いていませんでした。
今回は、ここ数年、足を運んでいない中腹にある「奥の院」とよばれている洞窟を経由し、急坂のコースを下ってきました。
登山口となる、小滝沢キャンプ場には数組のキャンパーが楽しんでいました。
花の季節には少し早かったけれど、汗を流しながらのハイキングを楽しみました。
天気が良すぎて、霞がかかり、遠くの山がきれいに見えなかったのは、少し残念でした。


登山道の中間点

登山道の岩場を超えて、尾根に出ると山頂はもう少しです。この案内板に励まされて山頂に向かいます。ここからは、ほぼ平坦な尾根歩きとなります。


七つ岩の案内板

七つ岩


山頂が近づく地点に「七つ岩」の案内板があります。「秋・冬限定の眺望!」の説明があり、この時期は、花貫ダムや高萩市市街そして太平洋を望むことができます。

展望台からの山頂


山頂には、展望台が設置されており、筑波山や日光連山を望むことができます。条件が良ければ「大きな富士山」を拝むことができます。今回は、天気が良すぎて「霞」がかかり、遠くの山がかすんでいたのが残念でした。

欅の大木
奥の院の洞窟

下りには、ここ数年歩いていなかった「奥の院の洞窟」を拝むコースを歩いてきました。途中には「ブナの大木」がある。切り立った崖を通ると、隠れ家的な洞窟があり、そこが「奥の院」として祀られております。お正月に飾ったであろうしめ縄もありました。
このコースは、最近ではあまり歩かれていないようで、ところどころが「やぶ漕ぎ状態」での下りのコースでした。

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる