FC2ブログ

2020-01

1200年の歴史を持つ、北茨城市の「花園神社」に初詣!

北茨城市の奥座敷に鎮座する、1200年の歴史を持つ花園神社に初詣に行った。
花園神社は、私が所属している「花園ガイドグループ」のメインの案内スポットでもある。

花園神社のパンフ
花園神社の御朱印と案内のパンフレット
花園神社の鳥居の脇には、様々なお守りが頒布されている。その中で、毎年購入している「交通安全のお守り」と、花園神社独自のお守り「神猿守(まさるまもり)」を購入した。花園神社に祀られている神様のお使い(神使(しんし)を「神猿(まさる)」というとの事。
神猿守
神猿守(まさるまもり)
交通安全のお守り
交通安全のお守り
拝殿は、お正月の雰囲気がいっぱい。参拝者が多くみえていた。
花園神社の拝殿
花園神社の拝殿
花園神社の本殿
花園神社の本殿
花園神社の境内には、人工滝ではあるが「石尊の滝」と名付けられた滝が、しぶきをたてて流れ落ちている。
境内にある「石尊の滝」
石尊の滝
2020年、今年も多くの観光客と市民の方々に、花園神社と周辺の自然を楽しんでいただけるように、頑張っていきたいものだ!
スポンサーサイト



北茨城市の山「石尊山-421m」からの初日の出!」

2020年の「初歩き!」は、初日の出の拝みを兼ねて、北茨城市の山「石尊山-421m」を歩いた。
天気は良かったが、水平線の雲が邪魔をして、きれいな初日の出を見ることはできなかった。

初日の出
石尊山の七合目から見る初日の出と北茨城市の市内
午前5時45分、マイナス3度と暗い中を、北茨城市内の山「石尊山-421m」を目指して歩き始める。
太平洋と市内を見渡せる「七合目」を目指し、日の出時刻の6時50分に間に合うように暗い山道を歩いた。昨年の台風と強風の影響で、登山道は倒木が横たわり進行を妨害しているが、〇合目の標識が励ましてくれる。

登山道の標識
登山道にある「〇合目」の石の標識
展望のきく七合目から、初日の出を拝んだ後は山頂に向かう。
山頂には、焚火を囲み、宴を催している集団がいた。廃寺になった「西明寺(明治維新の頃に廃寺になったが観音堂は残っている)」を守る会の方々のグループが毎年、ここ山頂で新年を迎えるとの事。私たちも、お神酒と温かいラーメンをご馳走になった。

西明寺会の方々
西明寺会の方々
西明寺会の方々
西明寺会の方々と地元消防団の方々
石尊山の山頂
石尊山の山頂
きれいな初日の出は見ることができなかったが、山頂での「西明寺会」の方々との出会い、暗い中での山歩きと、楽しい経験をすることができた、2020年の「初歩き」だった。

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる