2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北茨城の山「石尊山」を歩く!

私が住んでいる北茨城の街から、まっすぐ見える山「石尊山」をしばらくぶりに歩いた。この山は、地形図には表示されていない412mの山だが、冬の寒さや秋の紅葉などの季節の移り変わりを、石尊山を見ては感じることが出来た山である。石尊山は「男坂と女坂」の二つのコースがあり、周回も出来る。普通は、女坂を往復していたが、今回は、男坂を登り女坂を下るコースを歩いた。
石尊山ー頂上 登山マップ 頂上のノート 西明寺観音堂
  石尊山の頂上     石尊山の登山マップ  頂上に置かれるノート  西明寺観音堂

男坂登山口を入ると、「みつまた」が登山道脇にあり、ちょうど、薄黄色の花を咲かせている。両脇が大きな竹やぶの道を行くと、西明寺の観音堂の前に飛び出す。
観音堂の後方が男坂のルートだ。ここからは、杉林の中をただひたすら登っていくコースとなる。途中で、北茨城市の街をのぞむことが出来るところがあるが、あとは、ただ登っていくだけだ。張られたロープに掴まりながら尾根に飛び出すと、北茨城市の北部といわき市勿来方面の海岸がきれいに見える。ここを超えると、女坂との合流点にぶつかる。頂上まではすぐだ。頂上からは、周りの木が邪魔をして、すっきりした眺望は望めない。
頂上にある祠の中に、登山者の交換ノートがおかれている。中には、登山日と時間、気温そして感想等が記入されている。ほとんど毎日来られている方の記録が大きく目立つ。私も「午前10時、気温プラス1℃、晴れているが風強し!」と記入してきた。
女坂を下る。6合目あたりのところに、陽だまりになっていて、北茨城市の町並みを一望できるところがある。そこは、木を切り倒し海の方向が良く見えるようになっているのが嬉しい。
「○合目」の楽しい標識を楽しみながら下ると、女坂の登山口に出る。そこから、駐車場までは300メートルくらいの車道を歩く。


男坂ー登山口 男坂ーみつまた 男坂ー登山道 男坂ー眺望
  男坂登山口      みつまたの花      男坂の急坂     尾根からの眺望

登山道の合流 女坂からの眺望 女坂ー1合目 女坂登山口
 男坂と女坂の合流点   女坂からの眺望      女坂1合目      女坂登山口   
         石尊山登山口の「西明寺」について

西明寺は、水戸三十三観音札所の二十番となっています。名称は「燈明山西明寺千住院(真言宗)といいます。この西明寺は、水戸藩主徳川斉昭が行った寺社改革により取りつぶしとなり、現在は、観音堂だけが残っています。
西明寺は「白雲山惣寺院」ともいい、御詠歌は「大塚に登りて見ればさやかなる 光は西に有明の月」と詠われいます。
スポンサーサイト

コメント

私は、石尊山のふもとに住んでますよぉ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/10-fd1d3381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。