2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニリンソウが咲く「奥久慈男体山(654m)」を歩く!

茨城県の北部の大子町の奥久慈男体山は、春の新緑・汗を搾られながらの夏山・紅葉の秋そして雪の中の山歩きと、年間通して楽しめる山だ。
例年より1週間から10日ほど遅れた4月24日、ニリンソウの花を楽しもうと奥久慈男体山を歩いた。今年の春の天気のせいで、ニリンソウはちょうど見ごろを迎えていた。
ニリンソウを楽しんだ後は、登山口にあるそば処「大円地山荘」で美味しいそばを満喫した。

登山口からの男体山 登山道からの男体山 登山道からの男体山 大円地山荘
  登山口からの男体山             登山道から見る男体山             大円地山荘からの男体山

一般コースの登山口から大円地越までの間が、ニリンソウの群生地だ。登山道の両脇がニリンソウの白い花とところどころに紫のムラサキケコンの花があり、その美しさに感動しながらの山歩きとなる。
2-nirinsou-1.jpg 2-nirinsou-2.jpg 2-nirinsou-3.jpg 2-nirinsou-4.jpg
                         登山道に咲き乱れるニリンソウ

一般コースの登山道は、薄暗い杉林の中を歩き始めるが、しばらくすると雑木林になり、明るく気持ちのよい登山道となる。この時期は、足元の白いニリンソウに加え広葉樹の新緑の芽が美しい。
コースの中間点に当たる「大円地越」には、東屋があったが昨年取り壊されてしまった。が、ベンチとテーブルが残っているので気持ちよく休憩することができる。
奥久慈男体山は、数年前の山火事で山の広い地域が燃えたことがあった。燃えた木々の周囲が回復しつつある景色を見ることができる。
奥久慈男体山の頂上からは、登山口の古分屋敷が箱庭のように見える。


新緑の登山道   ムラサキケマン   大円地越  火事の傷跡が
       新緑と登山道の花             大円地越         山火事から復活途中の山

山頂ー三角点 山頂の祠 山頂から大円地を見る 茨城百景の案内
    男体山の三角点         山頂の祠         山頂からの古分屋敷        茨城百景の標識
スポンサーサイト

コメント

男体山~袋田

shibakin様 こんばんは 男体山お疲れ様でした.
当方も本日,男体山~袋田の滝 縦走を行ってきました.
天候に恵まれ,貴殿の写真にあるようにニリンソウとムラサキケコンが
とても綺麗でした.健脚と一般で悩みましたが,水郡線の車中 久慈川の水量の
多さからここ数日に降った雨の影響が懸念されたので一般から登りました.
大円地越近くの湧き水の箇所が相当の水量で川をなして,ぬかるみの多い箇所も
ありましたが,無事に山頂へ到着しました.一般は下山ルートしか利用したことがなかったので初の登り利用でしたが,所々の眼下に広がるすばらしい景色に
男体山の魅力を再発見しました.山頂から袋田への道もぬかるみはありましたが
2箇所の展望台からの景色もとてもすばらしいものでした.四度の滝は大水量の流れを形成し,迫力のある景色を誇っていました.
次回ですが,筑波連山縦走に再度トライする予定です.
ちなみに一般コースでトレイルに挑戦しましたが相当きつく,マラソンばりに疲労に
襲われ,一旦歩きに変更し,男体山頂~袋田でトレイルをしてみましたが,
あまりにもハードで当方の体力不足を実感しました.

私も、一般コースを登りに歩いたのはしばらくぶりでした。大円地越を超えてからの一般コースからの奥久慈の集落が箱庭のように見えるのも素敵ですよね。
袋田までの縦走コースは、車で登山口まで行ってしまう関係で、なかなか実行できませんが、時期を見て歩いてみようと思っています。
GWは、山歩きの計画はあるのですか?
私は、孫が遊びに来る関係もあり、山歩きではなく、「ひたち海浜公園」などのテーマパークめぐりになりそうです。
筑波山の縦走の成功を祈念しています。

GW山歩き

shibakin様 ひたちなか海浜公園のページ拝見させて頂きました.
ネモフィラがとても綺麗ですね. 私はここ最近行ってないですが・・・
GWですが4日に筑波連山縦走を行う予定です.唯一の休みが4,5日なので・・・
北からの登山口を前回同様ユースホテル跡地か羽鳥道かキャンプ場から
登るか迷っています.(どれも距離的な差はしれていますが・・・)
いずれにしても山頂は観光客がたくさんいそうです.
男体山は30日はGWもあってか他の登山者もいましたし,縦走される方も数名,
滝も観光客でにぎわってました.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/112-c7dae39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。