2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花園奥の院「裏参道」を歩く!

花園神社奥の院峰(700m)は、花園神社から約1300m奥にある七つ滝を経由し、深い滝壺(第4段の滝壺)を覗いた後に、鎖や木の根につかまりながら登りきったところにある。
今回(5月15日)は、新緑に包まれた花園神社と登山道を歩き、奥の院峰からは太平洋と新緑いっぱいの山山とあちらこちらに咲くつつじの花を楽しむことができた。
そして、奥の院峰のもうひとつのコース(裏参道)をはじめて下ってみた。この裏参道は、最近では歩く人がほとんどいないようで、途中が藪になっており分かりづらいところもあった。
奥の院峰に祭られている「祠」がなくなっているではないか!老朽化していて崩れそうだったので、新しくするために撤去したものと思われるが、何の説明もなく、チョッとびっくり!


新緑包まれる花園神社境内    花園神社の高野槙    十二神将    十二神将
      新緑に包まれる花園神社と高野槙            薬師如来を守る十二神将
楓と広葉樹が多く紅葉が美しい花園地区は、新緑も美しい。花園神社も新緑に包まれ「拝殿」の周りや高野槙もその美しさを増していた。
花園神社の裏の駐車場から100mほど入ったところに、神仏混淆の名残と思われる「薬師如来を守る十二神将」の石像がある。苔むした石像と周辺の石垣のあとが昔を偲ばせてくれる。


花園川の新緑    林道    滝見橋周辺   七つ滝入り口
新緑に包まれる花園川と七つ滝への林道         第一滝見橋と七つ滝への入り口の鳥居

裏参道分岐 七つ滝   滝の途中に咲くつつじ  第4段の滝壺
    裏参道への分岐          七つ滝にて            山に咲くつつじ     一番深い滝つぼ

奥の院峰は、七つ滝から第4段の滝つぼをとおり奥の院峰へ。山頂にある「月山・男体山・女体山の祠」を経由して林道に出るコースを歩いてきたが、初めて、裏参道を歩いて下ることとした。
裏参道へは、奥の院峰から20mくらい下ったところから右に下り渡渉した後は踏み跡をたどりながら下っていく。あまり歩かれていないようで分かりづらいところもあるが、参道が「石」で作られている感じがあるので、よく見れば間違うことはないだろう。
奥の院峰からは、新緑いっぱいの山を満喫することができた。


奥の院ー1 奥の院ー2 奥の院からの景観 裏参道への分岐
          祠がなくなった奥の院にて            奥の院から花園山方向を    裏参道への分岐口
スポンサーサイト

コメント

裏参道

shibakin様 こんばんは 花園峠への返答ありがとうございます.
北茨城市のトレイルマップの8番のポイントの近くですので,
笹平を抜けたあたりに8番の看板があったと思うのでそこを東方面ではなく,南の方向に向かう感じでぐるりと回ると山頂近くの尾根にでるような感じがするのでが・・・藪漕ぎ覚悟で次回にでも挑戦してみます.
花園神社⇔栄蔵室&花園山は難しそうですね.
奥の院裏参道は初の花園登山時にトライして見事に迷いました.
貴殿とは逆で七つ滝の手前の分岐(案内のあるところから藪漕ぎ気味に進み
貴殿掲載の最後の写真の分岐に気付かず林道まで突き進みたいへんな目に
遭いました.貴殿のように奥の院峰到達後のルートの方がまだわかりやすいかも
しれませんね. 
今日は前回断念した竜神峡に行き,明山と篭岩へ行きました.
今日は水は少なかったのですが,日曜日とこの気候のおかげでたくさんの
登山者がいました.明山の頂上に数十人の団体と遭遇し,座るところのない
状況でした.篭岩へは上山ハイキングルートを使いながら,町道への分岐の
2箇所を使い篭岩展望台へ.
こちらも新緑が美しく,吹き抜ける風がとても心地よかったです.
上山ハイキングコースの途中に竜神川へという標識がありますが,貴殿は
竜神川を歩かれたことがありますか?

新緑中の「竜神峡・篭岩」歩きは、気分爽快のことだったと思います。
明山頂上から見る、鯉のぼりが泳ぐ竜神橋は素敵だったと思います。
竜神川は、歩いたことはありませんが、暑い季節に川を歩くのは気持ちが良いかもしれませんね。
私も、近いうちに「花園峠」を探しながら、花園山周辺歩いてみます。と、同時に、県立図書館に行って、「常陸の山」の本を読んでみようと思っています。

花園峠

shibakin様 こんにちは 梅雨前の良い気候ですね.
日曜日の日立縦走に続き,昨日は花園渓谷に行ってきました.
神社に停車し,渓谷→猿ヶ城林道→北登山口→栄蔵室→花園山と行きました.
さて花園峠ですが北茨城市HPのマップの⑧の箇所に到着し,分岐になっている
地点で通常は北側のルートを選択し,最後の急登を経て頂上の尾根そして,
北上ですぐ頂上です.分岐で南側に行ってみようとしたのですがほぼ藪漕ぎの
様相だったので北側ルートで尾根まで出て,そこから南下しました.
進むと藪漕ぎどころか,道がしっかりとありました.途中頂上まで0.3キロの
案内板も・・・南下して,一番高いところ,景色の良いところ探してみたのですが
見つけることはできませんでした.北側に引き返すか神社入口の案内板にある
南下ルートを探すか迷った末に踏み跡が見えたのでずっと斜面を下り南下
しました.すると45分程,沢くだりと沢の沿いを歩くのを繰り返すと掲示板に
貴殿が紹介してくれた写真の箇所へ出ました.
これが花園山と花園神社を結ぶルートだったわけですね・・・
昨日は霧で景色は全て真っ白でした.

Re: タイトルなし

> mfさん、花園神社側から花園山へのルートを歩くことが出来たんですね。
> おめでとうございます!
> 昔は(相当前のようですが・・・)一般的に歩かれていたコースのようですね。
> 今は、前にも触れましたが、山の地主さんが「認めていないようで」山のコース案内からは消えているコースですね。
> 今日は、福島の安達太良山を歩いてきました。気軽に歩ける「百名山」ということで、グループ登山や家族連れ、カップルの方と大賑わいでした。最後の頂上に登る狭い道は待ち時間が出るほどでしたよ。天気が良すぎて、青空はきれいだったんですが、遠くの景色は霞んでいました。それに、山頂の尾根は風が強くて、油断をすると吹き飛ばされそうでした。
> 狙いの「つつじの花」は、全体的にはあと1週間から10日ほど後になるでしょうか?
> でも、勢至平という「つつじの花と安達太良山を望む名所」のところが咲いていたので、良かった!
> 気持ちの良い、安達太良山の山歩きでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/114-d074af15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。