2017-05

本当の空がある「安達太良山」を歩く

6月12日(土)、つつじの花が見ごろを迎えたとの情報で、福島県の「ほんとうの空がある安達太良山(1699.6m)」を歩いた。
安達太良山は、花の季節を迎えたこともあり、多くのハイカーで賑わっていた。全体としては、花を楽しむのにはチョッと早かったが、目的のひとつであった、勢至平のレンゲツツジが花を開いていたのと、イワカガミやマイヅルソウの花を楽しみながら歩くことができた。


安達太良山頂上はもうすぐ 安達太良山の頂上 沼の平 峰の辻からの安達太良山
   山頂目前の登山道      安達太良山の頂上       荒涼とした「沼の平」     峰の辻からの安達太良山 

安達太良山へは、ロープウェイの安達太良エクスプレスで一気に薬師岳まで上り、1時間チョッとで安達太良山の頂上に着くことが出来る。薬師岳のロープウェイ駅からは、黙道が敷かれており、ゆっくりとした山歩きのスタートとなる。森林限界を超えたあたりからは、ゴロゴロした岩の道となるが、蕾を持ったツツジの木が目立ってくる。まもなく「おっぱい山」といわれる、安達太良山の山頂が見えてくると、頂上は近い。この日は、天気が良く、多くのハイカーが頂上を目指して歩いていた。安達太良山の山頂への狭い登山道は行列を作るほどであった。安達太良山には、雪渓が残っており、そこを通ってくる風は、青空の下、気持ちの良い冷たさであった。
このころから、山頂での風が強くなり、油断をすると風で身体がグラグラとするほどであった。
条件がよければ、鉄山まで足を伸ばそうと思っていたが、風が強かったので、峰の辻経由で「勢至平」に向かった。


イワカガミの花 レンゲツツジ 勢至平   勢至平のツツジと安達太良山
    イワカガミの花      咲きかけのレンゲツツジ            勢至平の花と安達太良山

峰の辻から勢至平に向かう道の脇には、ウラジロヨウラクがたくさんあるが、時期的にチョッと早かったようで花を見ることは出来なかった。この花が咲くと、釣鐘のように下がった赤紫の花で登山道が彩られることだろう。
イワカガミの花やマイヅルソウの花を楽しみながら、勢至平に近づくと、レンゲツツジが目立つようになる。登山道のレンゲツツジはまだ、半開きの状態で、これも開けばあたり一面赤く染まることでしょう。
でも、勢至平だけは、つつじの花が咲き遠くに安達太良山を望む景色はすばらしかった。
スポンサーサイト

コメント

6年前くらいでしょうか、8月に安達太良に登ってた時、本当の空と言うものを拝見しました、それはそれは青くてずっとその空を眺めていましたね。

先月中は実家の栃木に帰っていました(父の看病と告別式)
那須岳の近くなので、毎日山を望んでいましたよ。

帰りには茨城にもよって以前の会社の同僚や友達と会ってきました。

12日にこちらに帰りまして、13日あまりに天気がよいので旭岳へロープーウェにてのぼり、帰りは雪渓のなかテクテク下りてきました。
ここに来て毎日暑いですが、これから夏山楽しみです。

安達太良山とお礼

shibakin様 こんばんは 安達太良山 お疲れ様でした.
お写真を見ると,すばらしい空の景色ですね.
人気具合で言いますと,茨城では筑波山のようですね.(登山渋滞)
当方は,花園以来,梅雨の到来で山歩きはできてません・・・
実は,来月から仕事で東京の転勤となりました.
茨城山歩きは花園が現時点では最後となってしまいました.
東京といいますとまさに都会,マラソンと山歩きを趣味とする当方には
つらいですが・・・時間を見つけ,都会マラソンと週末の登山を
なんとか実践したいと考えています.
茨城に引っ越して来て,マラソンしか趣味のなかった当方に登山の
「いろは」を教えて頂き本当にありがとうございました.
このホームページがまさに道しるべでした.
色々意見交換して頂いたこともありがたかったです.
山歩きを通じて,自然への慈しみ,季節の変化,茨城の土地勘や強い身体と心を
もつことできたと思います.
登山の機会は減りますが,これからもこちらのホームページは
見ています.本当にありがとうございました.

寂しくなりますね!

やはり転勤ですか!
こればかりは、会社勤めである以上、どうしようもないことですね。
mfさんとの、HPでの交換が出来たことを本当に喜んでいます。
東京に移っても、近郊の山歩きを、ぜひ楽しんでください。
茨城の山とは違う楽しさと魅力をお伝えください。
時々は、書き込みと近況報告を待っています。
お元気で!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/116-712d0049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる