2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄葉の「一切経山・東吾妻山」を歩く!

10月2日(土)、浄土平から一切経山→鎌沼→東吾妻山→姥ケ原→浄土平を歩いた。
夏の猛暑と雨が少なかった関係か、紅葉ではなく黄葉になっていた。
前回の、安達太良山に続き、今日も快晴に恵まれて気持ち良く、秋の山歩きを楽しんだ。


立ち入り禁止 立ち入り禁止の登山道 登山道の花 避難小屋
         大穴火口口への入り口は閉鎖中           登山道に咲く花         酸ヶ平避難小屋

浄土平から一切経山への登山口となる大穴付近から、有毒ガスが出ているということで、大穴火口の登山道は閉鎖されているため、酸ヶ平避難小屋経由の歩きとなる。
東吾妻一帯の登山道の修復作業が行われており、ヘリコプターから降ろされた資材が登山道脇に置かれている。


   一切経山の山頂   一切経山の山頂 黄葉の五色沼 一切経山からの鎌沼
          一切経山の山頂                  黄葉の五色沼          鎌沼と東吾妻山

一切経山は、360度の眺望!特に、山頂から見る「五色沼」は、時間によりその色を変える。今回は、五色沼か周辺の黄葉がすばらしかった。
一切経山への登山道から見る鎌沼と黄葉に彩られる東吾妻山はすばらしくきれいで、これからの東吾妻山への期待が高まった。
 

東吾妻山山頂 東吾妻山からの磐梯山 黄葉の東吾妻山 黄葉と東小富士
   東吾妻山の山頂        山頂からの磐梯山        黄葉の東吾妻山       黄葉と吾妻小富士
  
一切経山を下山した後、鎌沼周辺をめぐり東吾妻山に向かう。標高差250mほどの岩と深くえぐれた登山道を登ると、突然、目の前が明るくなり一気に素晴らしい眺望となる。
浄土平・吾妻小富士・さっき下りてきた一切経山そして反対側には、磐梯山と猫魔が岳と秋元湖や桧原湖を見ることが出来る。
同じ道を戻り、姥ケ原から浄土平に戻る。草紅葉と黄葉、吾妻小富士がきれいに見える。

朝6時から歩き始め、12時には浄土平に戻った。朝早くからの行動は気持ちよい。帰りには、高湯温泉の玉子湯で日帰り入浴楽しんで帰ってきた。
スポンサーサイト

コメント

快晴に恵まれて見事な展望を楽しみながらの山歩きは気分が良いでしょうね!!
青空だと五色沼、鎌沼も鮮やかに感じられます。
一切経山の噴火活動が活発化してるようで、昨年の夏に登った時にも酸ヶ平避難小屋軽油のルートでしたから、もう一年以上も登山道の通行規制が続いてるようです。

茨城報告

shibakin様 ご無沙汰しております.
先週,茨城への約2ヶ月の研修も終わり東京へ戻ってきました.
茨城も行った当初は東京ほどではないですが猛暑で山歩きはできなかったですが
9/18八溝山,9/26高鈴山,10/2筑波山に休日を利用して行ってきました.
どこもまだ紅葉は始まってませんがやはり山特有の涼しい風が吹きぬけ
とても気持ちよかったです.八溝山では3度目の登頂で初めて銀性水を飲むことができました.(やはり金性水が一番おいしいですが・・・)
高鈴山は天気が少し曇っていたせいか風がとても涼しく感じました.頂上の眺望も
雲のせいでいまいちでしたが,途中の助川山からの太平洋の眺望はとても素晴らしかったです.筑波山は土浦花火大会の日だったので帰りのバスや電車がたいへんでした.秋の週末だったので登山者はとても多く,また年齢も幅広くあらためて登山ブームを実感しました.御幸ヶ原へのケーブルカーに沿うコースでは木々と野鳥の案内板が新しくなっていました.
本日は西武池袋線に乗って,高麗の山里(物見山,高指山,日和田山)へ行ってきました.標高は380mと低く登山道も整備され老若男女たくさんのハイキング者でした.奥武蔵,奥多摩のエリアは土日用の電車出て便利なので茨城の登山と比べるとどこも人が多いことを覚悟した日になりました.標高は低いですが,富士山や東京スカイツリーが見れて良かったです.西武鉄道に各登山マップが配備されているのですがレベルが子供連れ,初心者,一般,健脚,登山と分類されています.
こちらも高くても標高1200m程度ですが,一番上の登山レベルは一人で登れるのか不安です.(パンフレットの注意書きには経験のある方と2人以上が良いと記載されています)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/120-7f3608d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。