2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡太郎義家伝説の山「額取山・大将旗山」!

10月23日(土)青空いっぱいの秋晴れの下、福島県のど真ん中「郡山市」にある額取山(1009m)と大将旗山(1056m)を往復した。
額取山は、地元の人からは「安積山」といわれ古くから親しまれている山だ。
万葉集に歌われている「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心をわが思はなくに」は、額取山ではないかともいわれている。額取山の由来は、八幡太郎義家が元服の儀式で額を剃った事に由来するものとも言われ、大将旗山は、八幡太郎義家が大幡をこの山に掲げた事に由来すると言われている山だ。
額取山から大将旗山のコースは、大部分が稜線歩きで、磐梯山と猪苗代湖を見ながらの楽しい山歩きとなる。
私たちが歩いた、滝登山口→額取山→大将旗山を往復するコースと、御霊櫃峠→大将旗山→額取山を往復するコースがあるが、多くの人が歩くのは、後者のコースのようだ。
今回は、紅葉と磐梯山の景色を楽しみにしての山歩きだった。あまりの快晴のため、朝の早い時間は、郡山市外は、雲海の下に隠れるという景色を見ることが出来た。が、目的だった紅葉には少しタイミングがずれていたようだ。磐梯山等の景色も、天気が良すぎたせいか、少しかすんでいて、スッキリとは見えなかったのは残念だった。


滝登山口 熱海登山口出会い     アザミの花     登山道
      滝登山口         熱海登山口の出会い        登山道の花          登山道

登山口の標識には「熊出没注意!」の看板があったが、熊出没の最近の報道を見ると、これまでよりも真実味をもって感じられた。

大将旗山の山頂 雲海の郡山市 雲海が晴れた郡山市 大将旗山の山頂
     額取山にて              雲海で隠れた郡山市街と晴れた市街           大将旗山にて

額取山からの磐梯山 額取山からの大将旗山   額取山山頂の石碑   登山道からの額取山
  山頂からの磐梯山        大将旗山を望む        額取山の石碑      登山道から見る額取山

滝登山口に入る途中に、弘法清水という湧き水が出ているところがある。地元の滝集落が祠をつくり大切に管理してるところだ。
山頂の紅葉   紅葉   弘法清水 弘法清水
             山頂周辺の紅葉                   弘法清水の案内板と弘法清水
スポンサーサイト

コメント

額取山・大将旗山

はじめまして。
水戸市内に住んでいる山登り2年目の者です。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私もこの日(10/23)、額取山と大将旗山に行きました。
御霊櫃峠→大将旗山→額取山を往復するコースでしたが、やはり朝のうちは郡山市が雲海に隠れていたのを思い出しました。
天気も大変良く、地元の人の話では「こんなに晴れるのは10回のうち1回くらいの確率」とおっしゃっていたのも思い出しました。
私も今度は(多分ツツジの頃?)滝登山口から登ってみたいと思います。

shunkiさん、はじめまして!
10/23の額取山。登山道か、山頂でお会いしていたかも知れませんね。
郡山市外の「雲海」は、チョッと神秘的でしたね。
ツツジが多い山でもあるし、カタクリなども群落していますので、花の時期には楽しくあるくることと思います。
滝登山口から額取山山頂直前までは、眺望があまりなく、登り一直線ですが、木漏れ日を浴びながらの山歩きが楽しいと思います。
どこかの山で、お会いできるのを楽しみしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/122-a2b353ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。