2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜神峡から明山を!

12月4日(土)、今シーズン最後の紅葉を楽しもうと、竜神峡ダムから明山(467m)を往復した。
今回は、竜神峡ダムの駐車場の手前から、ダムの北側の山に登り、竜神峡の橋を上から展望し竜神ふるさと村を経由して亀ケ淵から明山に向かった。
亀ケ淵から明山への登山道には、紅葉と黄葉が残っておりシーズン最後の紅葉を満喫することができた。
山頂からは360度の展望。竜神峡の吊橋、奥久慈男体山や遠くには日光の山並み、那須の山並み等を楽しんだ。
帰りは、竜神ダム沿いの遊歩道をダム事務所の駐車場まで、6時間の気持ちの良い山歩きだった。


竜神峡の吊橋 竜神峡ハイキングコース 明山の山頂ー1 明山の山頂ー2
  竜神峡を上から展望     竜神峡ハイキングコース      明山の山頂から        明山の山頂にて

朝7時、竜神峡ダム事務所脇の駐車場からダムの北側の山腹に取り付く。石の階段はすぐに丸太の階段になり、竜神峡の吊橋を上から見ることが出来る展望場に着く。そこからの吊橋の眺めは最高だった。
ここから竜神ふるさと村までは、はっきりしないコースを足跡を追いながら、激しいアップダウンの山歩きとなる。3回ほどのアップダウンを過ぎると、ふるさと村の散歩コースの東屋に出る。そこが、標高410mの三角点
だ。竜神ふるさと村は、12月から3月までは閉園。静かなふるさと村から竜神ダム沿いの遊歩道までは標高差150mほどの階段を一気に下る。
階段を下りきったところの近くに東屋があり、ここから、これから向かう「明山」がきれいに見える。
遊歩道の突き当りが亀が淵だ。昨日の雨のせいで水量が多く足を濡らしての渡渉となる。
雨の後のせいで、道に積もった落ち葉が濡れてすべる道を注意深く登る。三葉峠近くになると、紅葉と黄葉が残っており目を楽しませてくれる。
明山の最後の登りは、60mのロープ場となる。山頂からの眺めは、360度の眺望だ。
西からの強い風も、山頂ではほとんど気にならずに展望を楽しんだ。


ダムの駐車場から 山腹への取り付き ふるさと村東屋 竜神ふるさと村
   ダム駐車場から         山腹への取り付き        ふるさと村東屋        竜神ふるさと村

ふるさと村から 東屋 亀ケ淵 登山道の紅葉
  ふるさと村からの階段      ダム沿いの東屋        水量の多い亀ケ淵        登山道の紅葉

竜神峡から明山のアルバムは、こちらをクリックしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/130-0d07af39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。