2017-11

初冬の「奥久慈男体山」で、最後の紅葉を楽しむ!

12月9日(日)、茨城県北部の町、大子町の奥久慈男体山(654m)を歩いた。健脚コースの一時閉鎖や大震災等があり、健脚コースを歩くのは実に4年ぶりだった。
コースの一部に、楓の紅葉が残っており、男体山の秋の風情と冬の厳しさの両方を同時に味わえた。この山は、私たちにとっての「ホームグランド」ともいえる山で、楽しく歩くことが出来た。さらに、登山口の「大円地山荘」というそば屋さんで美味しいそばを食すことが出来るのも楽しみの一つだ。


登山口からの男体山 健脚コースと一般コースの分岐   途中の展望所からの男体山   山頂直下のあずま屋
   登山口からの男体山        コースの分岐        途中からの男体山     山頂直下のあずま屋

登山口の駐車場には、10台以上の車でいっぱいだった。気温はマイナス5度。登山口からはこれから登る男体山の頂上がきれいに見える。民家のわきの登山道を歩き始めると間もなく、健脚コースと一般コースの分岐となる。今回は、4年ぶりに健脚コースを歩くこととする。
最初に鎖場を迎えるところに、この時期にもかかわらず、真っ赤な紅葉が迎えてくれた。感激!最初の鎖場を越えると、一気に展望が開け、目の前に、これから目指す男体山が現れ、反対側には大子の町を望むことが出来る。


登山道の紅葉 2-2kouyou-2.jpg 2-3kouyou-3.jpg 2-4kouyou-4.jpg
                               登山道に残る紅葉

男体山山頂ー三角点で 山頂に祀られる祠 山頂からの展望 山頂から見る長福山(女体山)
     男体山頂上         頂上に祀られる祠        山頂からの眺望        長福山ー女体山

男体山山頂からの眺望は、遠くは筑波山(条件が良ければ富士山も見える)、日光連山等と大子の街並み常陸太田市の山並みを見る事が出来る。切り立った崖からは箱庭のように「奥久慈パノラマライン」の景色を楽しむこともできる。
下りは、一般コースを下る。広葉樹の林、スギやヒノキの林と歩くなかで大きく変化するのが楽しいコースだ。
登山口に戻ったら、大円地山荘とういうそば屋さんで美味しい「常陸秋そば」を楽しむ事が出来る。


下山コース途中の大円地越 大円地山荘 天ざるそば そば
 コース途中の大円地越               登山口のそば店「大円地山荘と天ざるそば」
スポンサーサイト

コメント

紅葉が綺麗ですね

いつもブログを楽しく拝見させていただいています。
男体山の最後の紅葉、綺麗ですね。
大円地山荘のおそばもおいしそうですね。
帰りは温泉にでも寄ったのでしょうか?
いつも記事を楽しみにしております。

男体山の冬も楽しめます!

takashiさん、訪問ありがとうございます。
紅葉には、季節外れでしたが、思いのほかきれいな紅葉に出会うことが出来ました。
奥久慈男体山は、真夏の暑い時期には、陽射しをもろに受けますので大変ですが、それ以外の季節は、いろいろと楽しみがある山ですね。
帰り道に、里見の「農産物直売所」で、ジェラートを食べて帰る以外は、直帰が多いですね。美味しいですよi-281
これからも、是非遊びに来て下さい。

ありがとうございます

山歩きは最近始めたのですが、いつもこのページを参考にして登ってきました。
男体山、筑波山、愛宕山からの縦走などなど、お勧めのコースを登ってきました。
次回は土岳に行ってみたいと思っています。
これからもこのページを楽しみにしています。

ありがとうございます!
これからの季節の土岳は、天候に恵まれ、早い時間の山頂であれば富士山を見る事が出来る機会が多くなりますので、是非楽しんでください。
山歩きの情報をお知らせください。楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/182-38d25d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる