2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄葉の「額取山(安積山)から大将旗山」を往復する!

天気予報では「晴れ晴れ」のマークだったので、紅葉を楽しもうと、福島県の中央部・郡山市の額取山(別名・安積山-1009m)から大将旗山(1056m)を縦走・往復して楽しんだ。

滝登山口を朝7時50分に出発し、9時30分に額取山山頂、大将旗山に向かって縦走、11時に大将旗山山頂。
雲がかかり、きれいに見えるはずだった「磐梯山・猪苗代湖」も雲の中、さらに冷たい風が強かったので、直ちに額取山に向かって戻る。途中で「昼食と休憩」、紅葉の山を楽しんだ。
額取山に12時30分、相変わらず風が強く周りは雲の中。滝登山口に向かう。13時30分に登山口へ。5時間40分の楽しい山歩きを楽しむことができた。


滝登山口 黄葉の登山道ー1 黄葉の登山道ー2 額取山を望む
   額取山、滝登山口                 黄葉の登山道                   額取山の山頂

郡山市にある、額取山・大将旗山を縦走するコースは多くの市民に親しまれているようで、単独で歩かれている方が多く、行きかう方々は多くは「お知り合い」のようであった。
滝登山口への道は地震と大雨の影響か、何か所かで崩れており「車両通行止め」の標識が置かれているためか、大将旗山の登山口「御霊柩峠」から歩かれる方が多いようだ。
滝登山口から額取山までのコースは、ほぼ登り一直線できつい汗を絞られた。
登山口から歩き始めると、まもなく、熱海登山口からの道と合流する。そこから、4つの急坂のアップと穏やかな道を相互に繰り返すと、郡山市が見渡せる丘に出る。そこからは、山頂はすぐだ。


額取山直前 大将旗山への登山道 大将旗山直前 御霊柩峠と高旗山
    額取山の直前        大将旗山への登山道      大将旗山の直前      大将旗山からみる御霊柩峠

額取山から大将旗山への道は、小さなアップダウンを繰り返し、1時間ほどで歩ける山だ。天気が良ければ、磐梯山や猪苗代湖はじめ遠くの山々を見渡しながら楽しく歩けるコースである。今回は、天気に恵まれず、遠くの景色は雲の中で残念ではあったが、ところどころの紅葉を楽しみながら歩くことができた。

額取山の山頂 アザミの花 真っ赤なオオカメの木の実 大将旗山の山頂
     額取山の山頂          登山道に残る花と真っ赤なオオカメの木の実        大将旗山の山頂
スポンサーサイト

コメント

猪苗代湖、磐梯山のビュースポットなのに展望に恵まれず残念でしたね。
今年の東北は天候を選ぶタイミングが難しかった感じで、結局、一度も行かない内に登山シーズンもお仕舞のようです。
台風で何度か延期してました長野旅行、10/27~29に富士見台高原、遠山郷、発哺温泉、秋山郷に出掛け、紅葉や南北アルプスの展望を楽しんで来ました。写真集はHP(http://www12.ocn.ne.jp/=hananuki)のリンク集からアクセスできます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/211-a3c7c50a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。