2017-04

花園神社は、新緑がいっぱい!(花園ガイドの活動)

私が所属している「花園ガイドグループ」は、花園神社を中心とした北茨城市の奥座敷の魅力を伝える、観光ガイドのグループです。神社の由来をはじめ、花園渓谷、猿が城渓谷そして花園山・栄蔵室のハイキングも案内しています。
5月24日(土)、日立市の「ウオークの会」から花園神社と七つ滝・奥の院峰へのガイドを行いました。この時期の、花園神社と奥の院が鎮座する「七つ滝と奥の院峰」へのハイキングは、爽やかな新緑いっぱいを楽しむ事が出来ます。
快晴の中、日立市ウオークの会(11名参加)の方々と、快晴と濃くなってきた新緑を身体いっぱい楽しむ事が出来ました。


新緑の花園神社 花園神社神橋  花園神社の鳥居 花園神社の拝殿
                  新緑いっぱいの花園神社の「神橋」「鳥居」「拝殿」

北茨城市華川町にある花園神社は、1200年の歴史があるといわれています。境内には太い杉の木がたくさんあり、厳かな雰囲気を醸し出しています。自生地の南限といわれる「アズマシャクナゲ」が樹齢600年以上といわれる「高野槇が2本」そびえたっています。今が
春から夏に変わっていく季節の変わり目。爽やかな時期です。


石尊の滝 高野槇   七つ滝 無名の滝
        境内の石尊の滝と高野槇             新緑いっぱいの七つ滝と無名の滝

今回、ガイドさせていただいた「日立市ウオークの会」の皆さんとの記念写真です。

0-1waikunokai-1.jpg 0-2waikunokai-2.jpg 0-3waikunokai-3.jpg 0-4waikunokai-4.jpg
       花園神社鳥居の前・七つ滝の前・奥の院峰での記念写真       下りのロープ場

花園神社の楼門には、見慣れない「力士像」が祀られています。さらに、楼門の中には、これまでの飾り物と思われる物があります。今回は「般若の面」と思われる物を紹介します。

花園神社の楼門  力士像-1 力士像-2  般若の面
                      楼門の力士像と般若の面
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/238-c44a3f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる