2017-11

花の安達太良山(福島県二本松市-1700m)を楽しむ!

5月29日(金)、福島県二本松市の安達太良山を歩いた。この時期の安達太良山は、登山道の一部に雪渓が残っているが、イワカガミやシャクナゲ等の花が咲き、気持ちよく楽しめる山だ。いつもの年は6月になってから咲くレンゲツツジの花が一部ではあったが咲き始めており、「勢至平に咲くレンゲツツジ」を楽しむ事が出来た。
今回は、奥岳登山口➝五葉松平分岐➝五葉松平➝薬師岳➝安達太良山➝馬の背➝峰の辻➝勢至平➝奥岳登山口のコースを歩いた。

レンゲツツジと安達太良山
勢至平のレンゲツツジ、遠方に安達太良山を望む
安達太良山の山頂で
安達太良山の山頂で、後ろにある石碑は「八紘一宇」と書かれた、紀元2600年記念の碑
暑い日になりそうだったので、早朝(朝5時)に奥岳登山口を歩き始めた。パトロール棟の前を通り、烏川橋とゲレンデ方面の分岐でゲレンデ方面に入り、リフトの終点付近から五葉松平、薬師岳への登山道に入る。遠く上方にロープウェイの終点を見ながらの歩きとなる。五葉松平に着くと、安達太良山が別名「乳首山」とも言われる山頂部分を遠くに臨む事が出来る。
五葉松やナナカマドの木々の中を登っていくと、薬師岳(1350m)に着く。ここには「この上の空がほんとの空です」の標識が発ち、遠くに安達太良山の山頂を展望できる。
ここからは、ロープウェイで上がってくる登山者と合流し、木道が敷かれたしっかりした登山道を歩く。岩場となり、目印の赤と白のペンキで書かれた岩場が出てくると、頂上に向けての最後の登りとなる。
今回は、ロープウェイが動く前の行動であったため、静かな山頂を楽しんだ。

奥岳登山口(ロープウェイの乗り場でもある)
奥岳登山口(ロープウェイの乗り場でもある)
五葉松平への分岐点
五葉松平への入り口、ゲレンデに入る
五葉松平(遠方に安達太良山の山頂が見える)
五葉松平(遠くに安達太良山の山頂(乳首山)が見える
薬師岳(遠方に安達太良山の山頂が見える)
薬師岳山頂(遠くに安達太良山の山頂が見える)
薬師岳にある「この上がほんとの空」の標識
薬師岳の山頂にある標識「この上の空がほんとの空です」
安達太良山の山頂前で
安達太良山の山頂の前で
噴火口の生々しい沼の平(牛の背から)
山頂から鉄山方面(牛の背)から見る、沼の平(噴火口)
登山道の分岐ー峰の辻
登山道の峰の辻
馬車道と旧道(登山道)の標識
勢至平から奥岳登山口に戻る登山道(馬車道と旧道の標識)
安達太良山は、先週が山開きだったとのことだったが、平日の早い時間ということもあり、静かな山歩きを満喫した一日であった。この時期に、咲いていた花々については、次のブログで書き込みをする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/266-f982b25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる