2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の花とカタクリを楽しみながら、愛宕山・難台山・吾国山を縦走!

JR常磐線の岩間駅(笠間市岩間)を出発点とし、愛宕山から難台山そして吾国山を縦走し、JR水戸線の福原駅に抜ける、約17kmのコースを縦走しました。
これまでは、車を使ってのスタートンのため、愛宕山→難台山→吾国山の往復コースは歩いたことがありましたが、今回、はじめての縦走計画を立てました。
車を「友部駅」におき、電車で岩間駅までいき、縦走コースを歩いた後は、福原駅から友部駅まで電車で戻るコースだ。
吾国山の「カタクリの群生地」の花が見ごろとの情報を得て、4月10日(日)に歩いた。愛宕山から難台山に向けての山には、山桜が多くあり、ちょうど、山桜の花も多く咲いていて、山桜とカタクリの花を満喫しながらの山歩きだった。

カタクリの花
吾国山のカタクリの花
カタクリの群生
吾国山のカタクリの群生
愛宕山の駐車場
愛宕山の駐車場(後方が愛宕山)
桜が満開
登山道に咲く満開の桜
愛宕山(306m)、難台山(553m)、吾国山(518m)と、それぞれの山の標高は、それほど高い山ではないが、それぞれの山までにアップダウンがあり、累計標高さはかなり大きくなる。登山道が幅広く整備されているので、家族連れでのハイキングも多い。さらに、岩場が少ないのでトレールランで汗を流している若者も多い。
早朝、4時過ぎに家を出て、友部駅の駐車場に車を置き岩間駅に向かった私たちも、しばらくぶりに、薬15kmの距離の長い登山を気持ちよく汗を流しながら歩いた。

南展望台
愛宕山が良く見える「南展望台」
団子石
難台山の登山口「団子石峠」
団子山
団子石に続く「団子山」
大福山
引き続き、美味しい名前の「大福山」
獅子が鼻
展望が良い「獅子が鼻」
屏風岩
難台山頂近くの「屏風岩」
難台山の山頂で
難台山の山頂で
愛宕山の駐車場から登山道に入ると、まもなく「南展望台」につく。ここからが岩間の町と愛宕山の眺望を楽しむことができる。
アップダウンを繰り返したのち、難台山への入り口となる鞍部(団子石峠)につく。ここから難台山へのきつい登りの道となるが、団子石に始まり談合山・大福山と美味しそうな名前が付けられたピークを越えるたびに、疲れを忘れさせてくれる。
難台山の山頂には、方位版が設置されており、ここから戻る人が多い。今回は、小休憩で吾国山の登山口になる「道祖神」に向かった。

道祖神峠
吾国山の入り口になる「道祖神峠」
吾国山の登山道入り口
吾国山の登山道入り口(急登)
吾国山の登山道で
吾国山登山道から、歩いてきた山を振り返る
吾国山の登山道入り口となる「道祖神峠」からは、一直線のきつい登り道を、ただひたすら山頂を目指して歩く。近くの山の木が伐採されており展望がきくのが、疲れを癒してくれる。振り返ると、これまで歩いてきた山並みが見える。
吾国山を下ったところに、カタクリの群生地があり、休日ということもあり、家族連れで花を楽しむ人が多くいた。
ここから、福原駅までは下り一筋の道だ。山頂近くに「三十三丁と彫られた「道標」があり、これが福原の駅までつながっている。昔の山岳信仰(山岳修行)の名残であろう。
1時間に1本しかない福原駅から友部駅への電車のため、タイミング悪く(疲れた体を休めることができた)、1時間ほど待って友部駅に向かった。

吾国山の山頂
吾国山の山頂にて
昔の標識「三十三丁」
昔の名残を残す道標「三十三丁」
福原方面の「吾国山登山口」
福原方面からの「吾国山登山口」
穂が出始めた麦畑
穂が出始めた麦畑
JR水戸線「福原駅」
福原駅→友部駅の切符
JR水戸線の「福原駅舎と友部駅までの切符」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/298-37fb8efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。