2017-07

茨城県の最高峰「栄蔵室(882m)と花園山(792m)」を歩く!

1月6日(日)、茨城県の最高峰「栄蔵室」と花園山を歩きました!
茨城県の最高峰というと「八溝山」といわれていますが、他県と接する県境でなく県内にある山としては、筑波山を5mほど上回る栄蔵室が最高峰です。
登山口にある案内板  登山道各所にある案内板  保安林看板

数年前までは、栄蔵室というと「藪こぎの山」というイメージが強かったようですが、北茨城山の会により、コースが整備され、トレイルマップと案内板が要所要所に設置されました。更に、富士山が見える山として、林の整理と富士見台が設けられました。
案内板 富士見台 富士見台ー2 富士見百景

北登山口近くの路上に駐車し、登山口に入る。気持ちの良い潅木林を歩きながら、いくつかの沢を渡る。檜林を超えると、突然林道に飛び出す。作業小屋の広場を越えると、はじめて目指す栄蔵室(頂上直接ではなく頂上近くに建つアンテナ)が見えてくる。しばらくは、林道歩きとなる。この時期は、林道の各所に積雪がある。
登山道ー1 登山道ー2 作業小屋 雪道

林道歩きを約10分、栄蔵室の標識に従い右側に入る。数分で、案内に従い左に折れる。コース最後の急坂を登る。山栗の殻がたくさん落ちている。ここまでは、栗拾いにくる人は少ないのだろう。右側が小高く盛り上がっているが、ここは、昔、馬の放牧管理をした跡だという。まもなく、新しく設けられた「富士見台」が見えてくる。富士見台から少し離れたところに、栄蔵室頂上がある。
頂上を超え、NTTのアンテナ脇を通り急坂を下りると、花園山方向の案内板が出てくる。この周辺は、小さな広場になっており、陽だまりでもあり、福島方面の山々を似とおすことが出来る。絶好の休憩場所だ。

分岐ー1 栄蔵室頂上 花園山案内 休憩所

陽だまりの休憩所から花園山方面に向かう。馬酔木の林を通り坂道を下ると、笹平(南登山口と花園山の分岐)にでる。気持ちの良い、潅木林と小さな沢沿いに歩く。昔は、花園集落と小川集落を結ぶ生活道だったとも言われている。沢を越えると、花園山への最後の登りとなる。花園山の頂上には、標識が設置されているが、周りの木々が邪魔となり、眺望はあまり良くない。今の時期は、木々の間から太平洋を見ることができる。
笹平周辺の潅木林の陽だまりで、ゆっくりと休憩をするのも気持ちが良い。笹平分岐に戻り南登山口に戻る。約3時間の気持ちの良い山歩きである。

笹平 花園山頂上 花園山眺望 花園潅木林
スポンサーサイト

コメント

栄蔵室の名前は知っていましたが、ヤブ山とのイメージがあり
なかなか足が向きませんでした。
コースが整備されたとのこと。
今度、計画し歩いてみたいものです。

栄蔵室は、コースも整備されたし、富士見台からは「富士山が見えるチャンスも!」あるコースで、楽しめますよ。但し、冬の間は、猿が城渓谷の入り口は「通行止め」になっていますので、亀谷地湿原への入り口周辺の車を置いて、登山口まで約1kmくらい、歩くことが必要かもしれません。
でも、冬の栄蔵室は楽しく気持ちよく歩くことが出来ます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/3-1dfd687e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる