2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰の山「高原山ー鶏頂山(1765m)」を歩く!

しばらくぶりのブログの更新です!
日光国立公園に属する、日光市・那須塩原市・矢板市にまたがる信仰の山「高原山の主峰の一つー鶏頂山」を歩きました。

鶏頂山の登山口
鶏頂山登山口になる鳥居
弁天沼
中間点の「弁天沼」鳥居の上に見える山が、鶏頂山
鶏頂山の山頂
鶏頂山の山頂(立派な神社が設置されている)
日塩有料道路の峠近くにある「西口登山道」から、鶏頂山に向かう。登山口には、信仰の山らしく鳥居が設けられている。
今回は、保険生協ハイキングサークルで予定している、鶏頂山ハイキングのために、コースの下検分で歩いた。台風10号の影響が心配されたが、幸いにも登山道も荒れてなく、楽しいハイキングが楽しめるようだ。

登山道の水場
弁天沼近くにある水場
高原山の主峰の一つー釈迦ヶ岳
高原山の主峰の一つ「釈迦ヶ岳」

登山道に入ると、緩やかな坂道を歩く。林の左側は、元はスキー場だったとのことで、1時間弱は林の中と旧ゲレンデを眺めながらの歩きとなる。気持ちの良い林の最終点が急スキー場の券売り場の建物が残っている。
登山道らしい道を歩くと、弁天沼に出る。ここからが「神の領域」となる。周辺には氏子の方々が奉納した鐘や祠や石碑が設置されている。
鳥居をくぐると、登山道は岩がゴロゴロとした急坂に変わる。段差が激しい道を薬1時間、釈迦ヶ岳と鶏頂山との分岐に出る。鶏頂山方向の途も、依然として段差の大きい岩場の道であるが、30分ほどで林の中から飛び出すと山頂だ。山頂には、立派な神社が設置されており、手入れもよく信仰の深さを実感する。山頂には簡単なベンチも置かれ、ゆっくり休むことができ、、釈迦ヶ岳の山容を望むことができる。
今回は、「秋の到来」を実感する、「赤とんぼの大集団」が山頂を舞っていた。この大集団が平地に下る日も近いことだろう。
帰りは、来た道を下るのだが、段差が大きいので注意が必要だ。
弁天沼の近くに「大沼」という池があるが、登山道から数分入ったところなので、ぜひ立ち寄ってみたほうが良いだろう。

弁天沼に設置されている鐘
弁天沼に設置されてる鐘
弁天沼にある石碑
弁天沼のある石碑
弁天沼にある石碑
弁天沼に奉納されている「石碑」
大沼
弁天沼近くの「大沼」
登山口の近くにある「峠の茶屋」の脇には「石滝」がしぶきをあげて流れ落ちている。手打ちの「八溝そば」が名物とのこと、お土産も売っているし、公衆トイレも設置されているので、立ち寄ることをお勧めする。
帰り道に、鬼怒川温泉街のはずれ、鬼怒川公園駅の近くにある「鬼怒川公園岩風呂」(公共の湯)で気持ちの良い汗を流して帰ってきた。
1700mを超える山ともなると、下界との気温差があり、青空の下気持ちの良いハイキングの一日となった。
来週のハイキング本番が待ち遠しい!

苔むした岩
弁天沼近くの「苔むした岩」
峠の茶屋脇の石滝
峠の茶屋脇の「石滝」
鬼怒川公園岩風呂
公共の湯「鬼怒川公園岩風呂」
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/306-84978dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。