2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼ッ原湿原から入り、那須の紅葉を楽しむ!

10月13日(木)、紅葉で有名な那須・茶臼岳(1915m)を歩いた。那須の紅葉の名所「うばが平」へは、ロープウェイで登るコース、峠の茶屋コースからが一般的で、この時期は登山道つながるほどの大賑わいになる。
今回は、昨年この時期に歩いて天気が悪くて途中で引き返した、「沼ッ原湿原→白笹山(1719m)→南月山(1776m)→日の出平(1786m)→牛ヶ首→うばが平→三度小屋分岐→日の出平分岐→沼ッ原湿原を周回するコース」を歩いた~(コース地図参照)
今年の紅葉は、夏の異常な暑さと九月の日照時間不足等で、紅葉の輝きは「イマイチ」のところがあるが、それでも、流石紅葉の名所、たっぷりと楽しむことができた。

うばが平で、茶臼岳をバックに
茶臼岳をバックにうばが平にて
紅葉と茶臼岳
牛ヶ首の手前の紅葉と茶臼岳
ひょうたん池に映る「逆さ茶臼岳」
ひょうたん池に映る「逆さ茶臼岳」
うばが平からの紅葉
うばが平からの紅葉と茶臼岳
今回i歩いたコース
今回歩いた「沼ッ原湿原からのコース」
沼ッ原湿原駐車場を、朝7時に出発。立派な公衆トイレがあるが、早朝は使用できないので要注意!
すぐ脇の登山口から白笹山を目指す。距離は約2.5キロメートルだが所用時間約2時間の急坂コースだ。途中途中で、林の中から登山口の沼ッ原のため池と湿原が見えて、高度を上げているのが実感できる。林は、白樺・ブナ・あすなろの木、楓の木が主で、白笹山までの紅葉は進んでいない。寒い中でも汗をかきながら、白笹山につくが、眺望もきかない「白笹山」の標識があるだけだ。
白笹山からは南月山の鞍部に急坂を下る。これから目指す南月山の向こうに茶臼岳が見えて、励まされる。遠くには裏茶臼の大峠から大倉山方面が見通せる。登山道のあちこちの「楓の紅葉」が目立ってくっる。
白笹山から南月山までは、約1時間ほどを気持ちよく歩く。登山口から白笹山・南月山までの3時間の道は、誰とも会わない静かな山歩きだった。が、南月山に着くと、茶臼岳のほうからのハイカーが南月山まで足を延ばして突然賑やかとなる。
南月山から茶臼岳のふもと「牛ヶ首」までは気持ちの良い稜線歩きで、噴煙を高く上げる茶臼岳や遠くの山々を見ながら、楽しみながらのハイキングである。左手下に「うばが平」が見えてくると、牛ヶ首はまもなくだ。うばが平への岩場の道は、登ってくる人下る人で賑やかなコースになっている。

登山口 白笹山への登山道
登山口の駐車場(公衆トイレ)             白笹山への登山道
白笹山の山頂 あすなろの木
標識だけある「白笹山の山頂」          登山道わきの「あすなろの木」
途中から見る沼ッ原湿原 登山道からの茶臼岳
高度を実感する「沼ッ原湿原」の眺め      登山道から見る「南月山と茶臼岳」
南月山山頂で 南月山からの茶臼岳
南月山の山頂で                  南賀さんからの「茶臼岳」
茶臼岳への稜線 日の出平と茶臼岳
南月山から茶臼岳への稜線          日の出平と茶臼岳
茶臼岳のふもと「牛ヶ首」 三度小屋分岐
茶臼岳のふもとになる「牛ヶ首」       下りのコースの途中「三度小屋」分岐
天気予報では、「曇りから晴れ」ということだったので、晴れ間が出ることを期待したが、なかなか雲が切れず青空の下での「茶臼岳」を望むことはできなかったが、気持ちよく歩いた一日だった。
昨年は、南月山まで行ったときには、風とガスがかかり茶臼岳への稜線が全く見えずに、沼ッ原湿原に戻ったことを思えば、素晴らしい!といえるだろう!
今年、三回目の「紅葉山歩き」は順調に進んでいるといえるだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/310-4757b4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。