2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜神峡の名山「明山(あけやま)-457m」を歩く!

12月07日(水)、常陸太田市の武生神社前(455m)から竜神峡の奥(亀が淵)に下り、明山(457m)を往復した。
明山の山頂で
明山山頂にて
宝剣洞からの明山
武生神社近くの「宝剣洞」から見る、明山
武生神社の鳥居前に車を止め、亀が淵に下る入り口に入る。
朝8時20分の気温は1℃、冷たい空気がピリピリだが風がほとんどなかったため、それほど「寒さ」は感じなかった。
亀が淵までは一気の下り、落ち葉が積もった道を滑らないように気を使いながら、踏ん張りながらの下りとなる。

武生神社の鳥居
武生神社の鳥居、この鳥居の前に車を止める
亀が淵への入り口
展望台の「宝剣洞」の前の、亀が淵への入り口
亀が淵は(標高は190m)、竜神峡の遊歩道の突き当りにあり、神秘的な淵だ。浅瀬を渡渉し、明山に向かう。
登山道は、背の高さ以上の笹の林を通り、大きな岩の間を登りながら、三葉峠(篭岩方面との合流点)にたどり着く。
ここから、明山まではすぐではあるが、最後の急坂をロープと木の根につかまりながら頂上に向かう。
明山の山頂に飛び出すと、360度の展望だ。

亀が淵
神秘的な「亀が淵」、ここを渡渉し明山に向かう
笹やぶの登山道
背丈以上の笹藪の登山道
落葉した登山道
ほとんどの木が落葉した登山道と大岩
紅葉がの折る登山道
かろうじて登山道に残っている紅葉したモミジの木
明山の山頂からは、日立市の山「神峰山・高鈴山」、筑波山、奥久慈の山々、日光連山そして竜神峡の大吊り橋等を見ることができる。
条件が良ければ、富士山までもみえる。今回は雲が多く富士山を見ることはできなかった。

山頂からみる竜神峡大吊橋
明山山頂からの「竜神峡大吊橋」
山頂からの奥久慈男体山
明山山頂から見る奥久慈の山(正面の山が奥久慈男体山)
気温の低い一日ではあったが、気持ちよく汗を流すことができた、武生山から亀が淵そして明山のハイキングだった。
帰り道の途中に、里美の直売所で「ジェラート」を食べて帰る。至福の時だ。
里美の直売所のジェラート
里美にある農産物直売所のジェラート(お値段は250円)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/317-afc05fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。