2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐梯山の眺めが最高の「額取山」を歩く!

4月21日(日)、早春の花を求めて福島県中央(郡山市)にある「額取山(地元では安積山とよぶ)-1009mと連なる大将旗山-1056m」を歩いた。
額取山は、八幡太郎義家が元服のときにこの山で額の髪を剃る儀式を行ったことに由来するという。また、稜線上の最高峰「大将旗山」は、八幡太郎義家が大旗を掲げた山だという。
額取山、大将旗山の山頂から見る猪苗代湖と磐梯山は、最高の眺めだといわれている。山腹山頂に雪がかぶった川桁山・安達太良連峰が、遠くには飯豊山、吾妻連峰が見えた。
一昨年より1ヶ月早い額取山だったせいで、花は「カタクリ・キクザキイチゲ」程度だった。更に、大将旗山への登山道には雪が大分残っており、目的の花は全くなかった。
昨日までの雨、天気予報では曇りだったせいか、日曜日にもかかわらず、登山道では二組しか会わない静かな山歩きだった。天気も、午後からは青空もでる、まあまあの天気の中、気持ちよく歩くことが出来た。


額取山(安積山) パノラマ展望 山頂から大将旗山 大将旗山
     額取山頂上       額取山からのパノラマ      額取山から大将旗山を      大将旗山頂上
滝登山口から額取山までは、松の木混じりの広葉樹の林、そしてブナとクヌギなどの広葉樹の林で眺望のない急坂を登っていく。林を飛び出し後ろを振り返ると、郡山市市街がきれいに見える。そこから最後の坂を登ると、さえぎるもののない、額取山の頂上に着く。

雪渓の道 カタクリの花 ショウジョウバカマ キクザキイチゲ
    登山道に残る雪         カタクリの花          ショウジョウバカマ       キクザキイチゲ
滝登山口から額取山までのコースは、昨日までの雨にもかかわらず、ぬかるみのない歩きやかった。登山道には、カタクリの群落が何ヶ所かありきれいな花を咲かせていた。
額取山から大将旗山までの登山道には、あちこちに雪が残り、大きな雪渓になっていた。当然にも花らしい花は咲いていず、やっと「キクザキイチゲ」を見つけることが出来た程度だった。
一昨年は、額取山と大将旗山の間の登山道は、多くの花が咲き乱れていた。雪の積もる山はちょっとした時期の違いで様相を変えるものだ。
スポンサーサイト

コメント

同じ考えです

文章を書くのがお得意のようですね。
また、お伺いし勉強させていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shibakin.blog98.fc2.com/tb.php/32-bb1f6375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

shibakin

Author:shibakin
私たちは、茨城県最北部の町「北茨城市」に住んでいます。
里山を二人で歩きながら、花を愛でながら楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。